今すぐお金が必要ならココ!5分でわかる解決方法

アイフルのカードローンはお勧め?商品内容を理解して判断しよう!

消費者金融は様々あり、アイフルは独立系として審査が緩いなどと言われますが、審査はしっかり行われますのでそんなに甘くはありません。しっかり申込条件を満たしていることを確認して申し込みましょう。

アイフルを利用するメリットとしては条件を満たせば即日利用も可能になることや女性専用ダイヤルなど女性にも優しいサービスの提供が挙げられます。

デメリットとしては銀行に対して金利が高いことと、返済方法によっては手数料がかかってしまう場合が多いことでしょう。

またアイフルには通常のカードローンのほかに、おまとめ用の総量規制対象外で金利も意外に低いローンが用意されているので、おまとめローンを考えている人は検討してみましょう。

アイフルのカードローンとは?商品内容を知って上手に使おう

現在大手消費者金融は殆ど銀行の資本が入りグループ企業になっていますが、アイフルだけは独立を保ったまま現在に至っています。このため世間では審査が独特で緩いとかと言われていますが、もちろん厳正な審査が行われています。

当然ですがアイフルを利用する場合にはまず申込条件を満たしていなければなりません。申込条件には収入とか年齢とかの前提があり、申込みができない場合も有るのです。

またカードローンを利用する場合には利用限度額や金利についてもあらかじめ調べておかないと、自分の望んだ条件での借り入れができないかもしれません。

申込む場合には、アイフルでは窓口からスマホまで様々な申込み方法を提供しているので、利用しやすい方法で申込むことができます。

申込条件をチェックしておこう

アイフルに申し込むにしろ申込まないにしろ、それを判断するためには、まず自分が申込みができるかできないかを調べてみる必要が有ります。そんなの誰でも申し込めるだろうという人もいますが、カードローンには申込条件が有るのです。

アイフルの申込条件は次の2点です。

  • 20歳以上であること
  • 定期的な収入と返済能力を有し、アイフルの基準を満たすこと

条件として年齢上限は記載が有りませんが、別記にて満70歳になった時点で融資を停止するとあるので、上限年齢は70歳未満ということになります。65歳で定年しても収入が伴っていれば70歳までは利用できるということです。

その他には記載がないので、この条件を満たせば主婦でも学生でも融資は受けられるものと考えられます。

しかし収入が不安定な自営業者の場合には定期的な収入と判断されるかどうかで申込めるかどうかの判断が分かれるところでしょう。

利用限度額と金利をチェック

申込みができるとわかったら、次は利用限度額や金利といったカードローンの内容を確認しておきましょう。申込んでから内容的に自分の希望を満たしていなかったのでは意味が有りません。

アイフルの利用限度額と金利は次のようになっています。

利用限度額 500万円以内
金利 4.8%~18.0%

500万円というのは現在のカードローンのほぼ平均的な金額で、最近では大手銀行や大手消費者金融では高額化が進んで更に高額の利用限度額を持っているところも有るので、多少見劣りします。

ただ高額利用ができるのはそれなりの年収ができ、アイフルとのお付き合いを深めて信用を付け、何度か利用限度額の増額の審査を受けなければなりませんから、何年も掛るはずです。

ですからどこまで先を考えるかによりますが、当面500万円の利用限度額で十分と言えるでしょう。あとは自分の判断ということになります。

申込方法をチェックして利用しやすい方法で申込もう

銀行のカードローンはまだ歴史が短いため、申込方法も窓口では扱わなかったり、申込み方法が絞り込まれていることが有りますが、消費者金融は長い歴史があるので、いろいろな方法で申込むことができます。

アイフルもたくさんの申込方法を用意しているので好きな方法で申込みができます。アイフルの提供している申込方法は次のようになっています。

  • 店舗窓口
  • 契約ルーム
  • 電話
  • インターネット経由(パソコン、携帯電話、スマホ)

契約ルームというのは他の消費者金融で言えば自動契約機ということになります。中に入ると機械が設置されていて中から施錠できるようになっています。対応は専用オペレーターが行いますが、顔を合わせることは有りません。

最近はインターネット経由による申込みが増えてきていますが、カードローンの場合、カードの受け渡しが入るため、即日契約できたとしてもカードでの利用までに日数が必要でした。

しかしアイフルでは審査完了までインターネット経由で行って、契約からカードの受け取りまでは契約ルームで行うといった申込み方法も行うことができます。

いずれの方法を利用するにしても、自分が間違いをしないような方法を選んで行ってください。

アイフルのメリットは何か?店舗に行かなくても即日融資!

カードローンはたくさんあるので選ぶ場合には、自分にとって有利になるかあるいは便利になるサービスがあるかどうかがポイントになります。

そこでアイフルでも目を引くサービスを展開し利用者にメリットを提供しています。まずアイフルでは店舗に行かなくても契約さえ成立すれば
即日融資に応じています。

また30日間の無利息期間を設けて有利な利用ができるようになっています。ただし無利息期間は契約翌日からとなっており利用には注意が必要です。

この他女性専用ダイヤルを設置し女性には女性が対応するようにして利用しやすくなっています。

店舗に行かなくても即日融資に対応

最近は既に多くはなってきていますが、アイフルも即日融資に対応しています。アイフルの場合問題がなければ審査は約30分で終わり、申込みから融資までだいたい1時間あれば融資を受けられます。

これはインターネット経由で申込んだ場合も同じことで、やはり契約までインターネット上で行えば、それ以後は融資を受けることができます。

しかしインターネット上で契約まで行った場合には、カードは郵送ということになりますから、届くまでは振込依頼による融資ということになります。

ただしインターネット上から申し込んでも契約ルームで契約を行う場合には、その場でカードが発行されますから、どうしてもカードが必要という場合には、この方法を用いれば即日カードでの融資も受けることができます。

契約ルームは年末年始を含めて土日でも利用出来ますから、土日に急にお金が必要になったとしても、即日融資を利用することができるので安心です。

30日間の無利息期間が有りますが利用には要注意

もう一つアイフルで注目なのが30日間の無利息期間です。無利息になる訳ですから、アイフルにとっては利益になりませんが、広告もかねて目を引くサービスを展開していると思えば良いのでしょう。

ただし無利息期間の利用には注意が必要です。アイフルの無利息期間は契約日の翌日から数えて30日間ということになっていますので、契約後すぐに利用しなければ時間が経過して、無利息期間は短くなっていきます。

例えば契約直後に借入して30日間借りたとすると無利息期間に収まりますから、利息は0円ということになります。

これに対して契約後10日目に借入して30日間借りたとすると、無利息期間は残り20日ということになって、残りの借入期間の10日分については利息がかかることになります。

ですからアイフルのような契約翌日から無利息期間が始まるという場合には、契約後すぐに最初の借入を行うように準備をしておかなければ、無利息期間を無駄にすることになるので十分注意してください。

女性専用ダイヤルが用意されている

次に注目しておきたいのは女性専用ダイヤルです。消費者金融の利用というのは、サラ金と呼ばれていたころの印象が悪かったため、男性でも躊躇する人がいます。女性ならなおさらです。

そこで消費者金融はこういったイメージの払拭に努力してきました。その甲斐も有って男性の利用者数は順調に伸びていったのですが、最近は限界に達したのか利用者の増加が頭打ちになっています。

そこで次のターゲットは女性ということになり、他の消費者金融でも女性専用店舗などを作っているところも有るくらいです。しかし女性の場合やはり店舗に足を踏み入れること自体にためらいを感じる為、なかなか利用者数は伸びません。

そこでアイフルは電話での申し込みダイヤルに一般向けに加えて女性専用ダイヤルを用意することで女性の利用者を増やそうとしています。

もちろん現在ではインターネット経由の申込みもできるので、女性でも申込みを躊躇しなくてすみますが、やはり中には相談しながら申込みをしたいと考える人もいて女性専用ダイヤルが威力を発揮しています。

お金を借りたいと持っているが、良く分らないところがあって申込みができないという女性は、この女性専用ダイヤルを利用してみるとうのも一つの方法ではないでしょうか。

女性向けのカードローン
女性専用ダイヤルは電話が女性専用と言うだけでカードローン自体は女性専用というわけではなく、カードローンの利用条件などは全く違いはありません。

しかしカードローンの中には、女性向に設計された一般的にはレディスローンと呼ばれるものが有ります。

このレディスローンは一般向けのカードローンが利用限度額が例えば500万円までになっているのに対して、利用限度額の上限を例えば50万円までとして、返済能力が小さかったり信用力が低くても貸せるようになっています。

したがって高額利用が必要のない女性の場合にはレディスローンの利用も検討してみる価値が有ります。

アイフルのデメリットは何か?返済での手数料に要注意!

カードローンを選ぶ場合に必要なのはメリットの理解だけではありません。それぞれのカードローンにはメリットに対してデメリットも有り、これもあらかじめ理解しておくことが重要です。

アイフルの場合もやはりメリットばかりではなくデメリットが有ります。まず挙げておかなければならないのが銀行のカードローンよりも金利が高いという点です。

また返済の方法によっては手数料がかかることになるのでこれも忘れてはいけません。独立系ということで提携関係にあってもATMの利用には手数料が掛ることが多いのです

もう一つ銀行資本が入っていないため会社としての財務体質に不安が有ることも頭の隅に入れておきましょう。

銀行のカードローンよりも金利が高い

アイフルの場合消費者金融ということもあって銀行のカードローンと比較すれば金利が高くなるのは致し方ありませんが、利用する側から見る致し方がないなどと言う人はおらず、できれば有利なものを利用したいと考えるものです。

そこで銀行のカードローンとアイフルの金利を比較してどの程度の差が有るかを見てみましょう。ここでは三井住友銀行を例にして比較することにします。

金融機関 金利
アイフル 4.5%~18.0%
三井住友銀行 4.0%~14.5%

金利には幅が有りますが、利用当初は信用的に最も高い金利が適用になるのが普通です。

したがってこの場合金利の差は3.5%ということになります。10万円を30日間借りることを考えてみましょう。

アイフルの場合
利息 = 10万円 × 18.0% × 30/365 ≒ 1479円

三井住友銀行の場合
利息 = 10万円 × 14.5% × 30/365 ≒ 1191円

その差は
1479 - 1191 = 288円

つまりこの場合、利息の差は288円ということになります。これを大きいと見るか小さいと見るかは利用者の判断次第ですが、もっと長期間借入れすればその差はもっと大きくなっていきます。

したがって、アイフルを利用する場合には、借入が長期間に及ばないようにするのが上手な利用方法と言えるでしょう。

返済に手数料がかかる

もう一つ注意しておきたいのが返済時に掛る手数料です。アイフルの返済方法は次の3つです。

  • 提携ATMの利用
  • コンビニATMの利用
  • 振込

提携ATMやコンビニATMからはアイフルの返済が行えますが、その場合返済額が1万円以内の時は108円、1万円を超えるときには216円の手数料がかかります。

またアイフルの口座への振込による返済では、普通の振込と同じですから振込手数料が掛ってしまいます。

いずれの方法を利用する場合でも手数料が発生するため、自社のATMを用意している金融機関や、口座引落ができる金融機関に比べ不利になっています。

先ほどは銀行と利息の比較を行いましたが、実際にはこの手数料も加わりますから、さらに差が大きくなるということになります。

利息と手数料
高額の借り入れになると利息も大きくなるので、この場合ATMの利用手数料は相対的に無視できるようになります。しかし逆に借入額が少ない場合には利息も少なくなり、手数料は無視できません。

例えば利息を少なくするためと考えて必要最小限の金額を、やはり必要最小限の期間借入れすることを考えてみましょう。この場合実際利息は最小限で済むでしょう。

しかし借入と返済をATMを利用して行ったとしたら2回のATM利用手数料が発生します。

借入額にもよりますが、この時の手数料が実は利息よりも高額になってしまっていたということは決してあり得ない話ではないのです。

現在は景気浮揚のため金利が低く抑えられている時代です。したがって借入しても利息というのは微々たるものです。これに大して手数料は常に一定額掛るのですから、無視していると大損になっているということになりかねません。

他の大手消費者金融より財務体質が弱い

またこれは利用者には直接関係が有りませんが、アイフルは独立を保っている為、銀行の資金による経営安定化が行われておりません。したがってアイフルの財務体質というのは一時期よりは改善しましたが、まだ完全とは言えません。

したがって、場合によっては利用中に経営危機に陥る可能性もないとは言えません。そういった場合には債権が他社に渡る可能性も有るので、利用者も注意して見守らなければなりません。

まあ大手消費者金融で利用者も多いですから、いざ経営危機ということになれば、支援する銀行も現れてくるかもしれませんが、その場合もサービスなどは見直される可能性が有るので、やはり注意は必要です。

おまとめ用の商品がある!総量規制の対象外で安心!

もう一つアイフルで注目したいのがおまとめローンとして利用することを前提にしているおまとめMAXとかりかえMAXです。これは通常のカードローンとは性格が異なってあくまで多くのローンを抱えて困っている人向けです。

この2つのローンは比較的大きな金額を意外に低い金利で融資してくれるもので、おまとめローンの利用を考えている人は選択肢にしても良いでしょう。

しかもおまとめローンですから、消費者金融に付きものの、総量規制の適用対象外になるため、年収に関わらず高額の融資を受けることが可能になっています。

このように条件的には良いのですが、残念ながらあくまでおまとめ用で、単なるカードローンとして申込むことはできません。

おまとめローンの審査
おまとめローンというのは何件もの借入れを一つにまとめるという目的が有るため、自然に借入額は大きくなってしまいます。

おまとめローンと言うと一種の救済のように感じる人もいて、殆ど誰でも利用出来るように考えている場合も有るのですが、決してそんなことは有りません。金融機関側はあくまで通常のローンとして扱っているのです。

ローンで大きな借入を行うにはそれに応じて審査は厳しくなっていくものです。したがっておまとめローンの場合、通常のカードローンと比べても、審査は厳しくなります。

おまとめローンの審査に落とされてしまったという人が多いのはこのためで、決して安易に申込んで良いものではなく、返済能力と信用力がそれなりに伴っていなければなりません。

おまとめMAXとかりかえMAXとは

日常的に借入れを行っている人は、1件だけではなく何件もカードローンを契約して、結果として月々の返済額が膨らんでしまい、返済に苦しむことになりがちです。

そこで用意されているのが通称おまとめローンと呼ばれるものです。このおまとめローンは主に銀行を中心に用意されていますが、大手消費者金融の中にも、おまとめローンを用意しているところがあります。

アイフルにもおまとめMAXとかりかえMAXと呼ばれる2つのおまとめローンが用意されています。この2つの違いはアイフルを初めて利用する人向けがかりかえMAX、アイフルと付き合いのある人向けがおまとめMAXと言う点です。

どちらも何件もの借入で四苦八苦している人が、残っている分をこのおまとめMAXかあるいはかりかえMAXで借入て返済してしまい、あとは1本化できるという仕掛けです。

金利が意外に低い

この2つは機能的には大きな違いはありませんが、金利に違いが有ります。やはりアイフルとお付き合いが有ったほうが金利は低い設定になります。両者の金利を次に示しておきます。

かりかえMAX 12.0%~17.5%
おまとめMAX 12.0%~15.0%
金利をみれば分りますが、どちらを使ったとしてもアイフルのカードローンの18.0%よりも低い金利になっています。

したがって現在何件もカードローンを契約してしまって、安易に利用を繰り返している人で返済に負担を感じているような人は、このアイフルのおまとめローンの利用を一度考えてみてください。

もちろんこういったおまとめローンは先ほども説明したように銀行や他の大手消費者金融にもありますから、カードローンを選ぶ場合と同じでしっかり比較検討して良いものを選ぶようにしましょう。

総量規制の対象外

しかし、消費者金融の場合総量規制が有って、借り換えするとはいえ現在借りているものを含めると、新たな借り入れはできないのではないかと考える人もいるかもしれません。

ところが、このおまとめローンというのは総量規制に適用対象外ということになっている為、既にギリギリまで借入していたとしても、新たな借入が可能なのです。

したがってもし現在すでに返済に行き詰ってしまって困っているのであれば、総量規制を気にせず、なるべく早く借り換えを行ったほうが良いのです。

ここでアイフルのカードローンを利用する場合の注意事項を纏めておきます。

  • 申込条件を調べて申込可能なことを確認する
  • 即日融資や無利息期間などのメリットの利用方法を検討する
  • 銀行に比べて高い金利でも損にならないように利用する方法を検討する
  • 複数の借り入れを抱えている場合にはおまとめMAXなどの比較的低金利のおまとめローンが利用出来ないか確認する

アイフルは消費者金融と言っても様々ローンが用意されていますので、カードローンだけではなく適切なものを選ぶようにしましょう。

閉じる
閉じる