今すぐお金が必要ならココ!5分でわかる解決方法

カードローンの即日融資を利用したい!どうやって利用すれば良いの?

カードローンは審査技術が進んで短時間で終わるようになり、カードローンによっては即日融資も可能になっています。そこで即日融資のカードローンの選び方を考えてみましょう。

また即日融資を利用するためには申し込みからカードの受け取りまで、どういった点に注意しなければならないか知らなければなりません。

ただし即日融資が可能と言っていても、審査状況によっては時間がかかってしまうことも有るため、誰もが即日融資が利用できると言うわけではないことも、予め了解しておきましょう。

もう一つ注意が必要なのは、急いでいるのは分かりますが、借入の前には必ず返済の可能性を探って、返済が難しい場合には借入れしないようにすることです。

即日融資のカードローンをどう選ぶ?使い勝手が重要

即日融資は急にお金が必要な時には強力な味方になってくれますので、利用者としては有効に利用するべきですが、カードローンを選ぶ場合にはその点だけで考えるのはお勧めできません。

カードローンを選ぶ場合には、自分にとって使い勝手が良いものを選ぶのが最も重要です。すぐにお金が必要で急いでいるのであればその中から即日融資のものを選ぶようにしましょう。

選び方としては、まずは自分の利用方法をよく考えて、それに合致したものという基準で選ぶようにして下さい。

そうしないと結局使いにくいものになってしまって、最初は使うかもしれませんがそのうちに利用しなくなってしまいます。

即日融資だけを考えていると使いにくいことも有る

急にお金が必要になった場合、慌ててしまって即日融資という言葉だけでカードローンを探し、何でもよいので最初に見つけたものを選んでしまいがちです。

カードローンには様々なものが有って、例えば利用できるATMを考えてみれば、自前のATMだけでは足りませんから、提携関係にある金融機関のATMが利用できます。

そこで問題になるのが自分が申込もうというカードローンが自分の近くのATMで利用できるかどうか調べておかなければ大変使い難いものになってしまいかねません。

さらに提携ATMを利用する場合には手数料がかかりますから、利息の他にもお金がかかってしまうことも有るわけです。カードローンを利用するときはいかに有利に利用出来るかも重要な問題です。

また返済方法も気にしなければなりません。多くは口座引落しに対応していますが、カードローンによっては口座引落しが利用できない場合も有ります。そうなってしまうと返済忘れ等の問題に直面する可能性も高くなるでしょう。

このように即日融資以外にも使い勝手にかかわる様々な検討課題がカードローンにはあるのです。

したがって即日融資だけでカードローンを選んでしまうと、大変使い勝手の悪いものを選ぶ可能性が出てくるわけです。

即日融資の考え方
即日融資を利用する場合、あまり検討している時間が取れない場合が多く、実際にはお勧め出来るというものではありません。

急にお金が必要になるということは無いとは言えませんが、通常の生活をしているのであれば、ある程度前からお金が必要になりそうだということは分る筈です。

したがって、できれば即日お金が必要になるという状況に追い込まれる前に対応できるようにすることが重要です。時間的な余裕を取ってカードローンが選べるようにした方が良いものが選べるはずです。

自分にとって使い勝手が良いカードローンが良い

では自分にとって良いカードローンとは何でしょうか。それは実際に使ってみて使いやすいと良いと感じるカードローンです。

そこで必要になるのが自分がカードローンを使っている場面を考えてみることです。申込みから返済までカードローンにどのようなことを自分は要求しているのかよく整理してみましょう。

自分はどういう申込方法で申込みたいのかとか、先ほどのATMの場所や手数料の有無、返済方法など自分の利用しやすい方法が提供されているかどうかなど、自分の要求を整理して箇条書きにしてみましょう。

その要求が満たされてこそ自分にとって使い勝手の良いカードローンと言うことになります。

【こちらの記事もおすすめ】
アイフルのカードローンはお勧め?商品内容を理解して判断しよう!

時間が限られていてもできるだけカードローンを調べよう

問題は即日利用をしたいと考えるほど切羽詰まった状況だということで時間が限られているということです。このためたくさんのカードローンを調べている時間は無いでしょう。

しかしやはり最初に見つけたものを選ぶというのはあまり良い方法とは言えません。少なくとも自分の行動範囲内で覚えているような金融機関のカードローンは調べてみましょう。

現在では実際に店舗に行かなくても幾らでも情報を集めることができるのですから、1時間程度の検討時間を確保して、比較検討して選んでみることはできるでしょう。

それだけでも使い勝手は全く変わってくると思います。多少の時間は惜しむべきではありません。

【こちらの記事もおすすめ】
プロミスなら即日融資も可能!サービス内容を知って有利に使おう

即日融資を利用する場合の注意!申込みからカード受け取りまで

カードローンには多数の申込方法が用意されていますが、即日融資を利用する場合には、それに対応した申込方法を選ばなければなりません。例えば郵送による申込みを利用していては即日融資は無理なのが分ると思います。

また即日融資に対応した申込みであっても即日融資を利用するためには、申込時間に制限が有るので注意しなければなりません。

さらにどのような方法で即日融資を利用するのかも重要で銀行振込の場合は問題は有りませんが、ATMを利用する場合にはカードの受け渡しをどうするかも重要な問題で、当日中に受け取る方法が有るかどうか確認が必要です。

即日融資に対応している申込方法で申込もう

即日融資を謳っているカードローンはどんどん増えていますが、即日融資とは言っていても、申込方法によっては即日利用が難しい場合もあることがあります。そこでまず申込みから利用開始までの流れを確認しておきましょう。

申込み

 ↓ 申込書提出あるいは申込情報送信

審査

 ↓ 審査結果連絡

契約

 ↓ 契約書交換、カード受取りあるいは送付

利用開始

次に申込方法を調べてみると、次のような申込方法が提供されています。もちろんすべてのカードローンがここに挙げている申込方法全部を提供しているというわけではありませんので、実際に申し込む場合には確認が必要です。

  • 店舗窓口
  • 店頭等の自動契約機
  • 郵送
  • FAX
  • 電話
  • インターネット経由(パソコン、携帯電話、スマホ)

審査に問題が無いとして即日融資で最も確実なのが店舗窓口と自動契約機です。FAXや電話、インターネット経由でも最近は即日対応と言っていますが、問題はあります。

例えば契約書の取り交わしで時間がかかってしまったり、後で触れるようにATMで利用する場合のカードの受け渡しなど利用上問題が有る場合が有ります。

また郵送では書類の受け渡しだけでも即日というわけにはいきませんから、即日融資を希望する場合には利用出来ません。

したがって、即日融資を希望する場合には、申込方法を調べて、即日融資が可能と言っている申込方法を選ぶ必要が有ります。

申込方法の選び方
最近ではカードローンの申込みはインターネット経由という場合が多いですが、必要者類の送信などインターネットになれていない人にはハードルが高い部分も有ります。

最も良い申込方法の選び方は、やはり自分が使い慣れていて安心して使える方法と言えます。パソコンやスマホを常用しているのであればインターネット経由で良いですし、そうでなければ電話にしたほうが賢明でしょう。

また不明点などが有った場合には窓口に行って相談しながら不明点を解消して申込んだほうが、安心できます。

提供されている申込方法はたくさんあるので、適切なものを選びましょう。

【こちらもオススメ】
モビットのカードローンを知りたい!特徴を押えて上手に使おう

即日融資には時間制限が有る

また注意が必要なのは即日利用に対応した申込方法を選んだとしても、即日利用をするためには申込み時間に制限が有るのが普通です。

このため、カードローンを選ぶ際にはこの時間制限についても調べておき、時間内に申込みを行うようにしなければなりません。

もちろんこの時間を過ぎてしまっても申込み自体は受け付けてもらえますが、利用開始は翌日以降にずれ込んでしまいます。

午後になってから急にお金が必要になったというような場合には、時間制限に間に合わせるためには、ろくにカードローン選びの時間も取れませんから、そういった事態にならないようにすることが大切でしょう。

利用方法はATMか銀行振込か

また取り敢えず即日利用する利用方法も考えておかなければなりません。店舗の窓口や自動契約機で申込みを行う場合には、その場で契約まで進んで契約が成立すればカードが受け取れるのでATMが利用出来ます。

しかしそれ以外の申込みの場合にはたとえインターネット上で契約ができるようになっていたとしても、カードの受け取りの問題が残るため、即日融資を受けるには自分の口座へ振り込んでもらうことが必要です。

もしATMでの即日融資を希望する場合には、あらかじめそれが可能なのどうかを調べておく必要が有るのです。

口座振込での注意
口座振込が行われるのは銀行の営業時間内です。したがって振込依頼をギリギリあるいは営業時間後に行っても、即日融資は行ってもらえません。即日融資可能な時間は各カードローンで決まっていますので時間厳守で依頼しましょう。

もし時間外に振込依頼をした場合には振込は翌営業日ということになります。例えば金曜日の営業時間後に申込んだ場合には翌営業日である月曜日まで振り込まれないということになってしまいます。

ただしカードローンを提供している銀行あるいは消費者金融でも関連するグループ内の銀行に口座が有って、そこへの振込みを依頼する場合には、営業時間を過ぎても振込みを行ってくれるカードローンがあります。

当日カードを受け取れる方法はあるか

そこでインターネット経由で申込んだとして、即日カードを受け取るにはどうしたらよいかを調べてみましょう。これはカードローン側がそういった方法を提供しているかどうかということになります。

最も多いのはインターネット経由で申込みを行って、審査結果を受け取って審査通過ということになると、残りの契約以降を自動契約機で行えるというものです。

結局店舗に行かなくてはならない訳ですが、契約とカードの受け取りだけですからそう時間は必要ありません。

そこで即日融資でATMからの利用を考えている場合には、こういったカードの受取りが可能なのかどうか予め調べておく必要が有ります。

誰でも即日利用出来る保証はない!審査には時間がかかることが有る

カードローン会社では即日融資という言葉を一種の宣伝に利用して注目を浴び、利用者のほうも其れに魅かれて申込みを考えるのですが、実際には規定時間内に申込んでも即日利用ができる保証はありません。

これは審査で何らかの問題が生じて、時間がかかってしまう場合が有るためで、融資は翌日以降になってしまうことになります。ですからあまり即日融資という言葉を信じすぎてはいけません。

またそれでも審査が通ればまだ良いですが、場合によっては審査に通らない可能性も無いとは言えません。最悪そういうことも有るということは予め理解しておく必要が有ります。

即日融資と言っても必ずとは限らない

即時融資と言うと利用者は必ずと言って良いほど自分も申込めば即日融資が受けられると考えてしまうでしょう。しかし、この即日利用の説明を読むと、必ず即日利用がうけられるとは限らない旨の表示が有ります。

即日融資というのは、申込みから契約まで順調に進んで、すべてが店舗の営業時間内に終了した場合に可能になることであって、何らかの問題で、申込み以降の作業が停滞した場合には、契約は翌日以降になってしまいます。

このため、そういう場合には利用者は即日融資と言ったじゃないかと言って怒るわけですが、そのときに先ほどの表示を示されて、黙らざるを得ないというわけです。

したがって、即日融資を利用するつもりであっても、そううまくは行かない場合も有るということは予め了解しておきましょう。

審査状況によっては時間がかかる場合も有り融資は翌日以降になる

即日融資に最も支障が出るのは、当然審査ということになります。審査では、次の3点について様々な観点から確認が行われます。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者に返済能力が有るという確認
  • 申込者が信用できる人である確認

この3点の確認中のどこかで支障が生じると、審査はそこで止まってしまい時間がかかることになります。例えば本人確認の一環で行われる職場への在籍確認電話で、もし職場に電話が通じなければそこで審査は止まります。

その確認ができなければ審査は翌日以降も続き、その後の契約はその分先延ばしになってしまう訳です。

審査には通らないことも有る

また即日融資を行ってもらうためには、当然審査通過が前提になりますが、審査というものは誰でも通過できるとは限りません。確認ができずに止まっているならまだよいですが、問題が有って審査がそこで打ち切られることも有ります。

その場合には即日融資どころか、審査は否決となり借入れはできません。しかもその情報は信用情報という金融機関間で情報を共有するためのデータベースに書込まれ、しばらく残るため、申込ブラックという状態になります。

この申込ブラックという状態になると、審査が否決になった金融機関だけではなく、他の金融機関に行っても情報が残っている間は融資は望めません。

即日融資どころか暫くの間、何処からの借入も出来なくなってしまうのです。

ですから審査で行われる返済能力や信用の確認は申込み前にしっかり自分で行っておかなければならない訳です。

【おすすめ銀行カードローン】
新生銀行カードローン レイクを利用したい!注意する事ってあるの?

返済できない借入れをしてはいけない!急いでいる時こそ要注意

即日融資を希望する人の場合には、何らかの理由ですぐにお金が必要という場合が多く、とにかく頭にあるのは借りることだけです。しかしローンというものは借入れは始まりであって重要のはその後の返済です。

ローンは審査に通ったとしても返済できる保証にはなりません。返済し行くためには、自分で自覚を持つ必要が有り、借り入れ当初から返済計画を立て着実に返済して行くことが重要です。

さらに返済できなくなった時にはどう対処すれば良いのかについても契約を確認し、方法について頭に入れておくようにしましょう。

審査に通っても返済できる保証にはならない

また急いでいる時には考えている暇もないとは思いますが、審査に通ったからといって金融機関が返済できるお墨付きを与えたというわけではありません。返済できる保証など全くないのです。

したがって審査が通ってやっと借入れできると言う状態になったとしても、その前に自分が返済して行くことについて考えておかなければならないことを忘れないようにして下さい。

これは幾ら慌てていてもしっかり行わなければ、返済中に行き詰ってしまって返済できなくなり、自己破産に追い込まれるというような事にならないためにどうしても必要なことですから、安易に考えてはいけません。

借入れ前に返済の可能性を探って返済計画を立てよう

何を行うのかと言うと返済計画を立てることです。まず自分が借り入れた場合月々の返済額がいくらになって、その返済がいつまで続くのかを確認します。それには金融機関のホームページにある返済シミュレータを使います。

月々の返済額と返済期間が分ったら、その期間中の自分の収支を計算します。収入と支出を予想することが必要になりますから、日頃から家計簿などを付けて自分がどのようにお金を使っているのかを把握していることが大切です。

収支が計算で来たら、それが各月とも返済額を上回っていることを調べます。上回っていれば問題はありませんが、上回っていなければその月は返済が難しくなるということです。

そこでそういう月は支出を見直して節約できる点を考えます。節約できて返済額が捻出できれば借入可能です。そういう部分を明記する形で返済計画に纏めてみましょう。

時間が無くて借入れを先に行ってしまったら、借入れ後でもこの関係が成立するように支出を調整して返済計画を作りましょう。

また返済中も常に計画を見直して常に返済できる計画にしておくことが重要です。カードローンを利用する際にはこういった点も忘れない様にしてください。

返済できなくなった時のことも契約を確認しておこう

もう一つ重要なのは、もし返済中に返済できなくなってしまったらどうすれば良いのかということをあらかじめ調べておくことです。

まず契約書にはどう書かれているかを確認しましょう。カードローンによっては、返済できない場合には返済額を減額してくれるということが明記されている場合が有ります。

そういった条項が無ければ、返済が難しくなった時には、それが分った時点で利用者のほうから金融機関側に連絡を入れて事情を話し、指示を仰ぎましょう。利用者側から接触することで金融機関の受ける印象は大きく違います。

できればそういうことにならないようにしたいものですが、最悪のケースも考えておくことは必要です。

ここで即日融資を利用する場合の注意点について纏めておきます。

  • 即日融資を狙ってカードローンを選ぶ場合には自分の使い勝手も良く考える必要が有る
  • 即日融資を利用する場合には申込方法も良く考えて選ぶ必要が有る
  • 即日融資と言っても審査時間などによっては即日の利用開始ができる保証はない
  • 借入する前には急いでいても返済の可能性を考えることが重要

即日融資の申込みでは急いでいる場合が多いので、ミスの無いよう十分注意して申し込みましょう。

閉じる
閉じる