モットゼニー

今すぐお金が必要ならココ!5分でわかる解決方法
今すぐお金が必要?それならカードローンの即日融資を利用しよう!

「来週だと思っていた家賃の引き落としが明後日だった!」「急に飲みにいくことになったけどお金がない!」

普段からしっかりと貯金をしていれば解決出来る問題…とも言えますが、なかなかそうもいかないことが多いですよね。

今すぐお金が必要、そんな時の救世主となってくれるのが実は「カードローン」!

最近のカードローンは非常に進化していて、その日のうちにお金を借りることもできちゃうんです。

利用する際のメリットやデメリットなども含めて、すぐにお金を借りられるカードローンについて学びましょう!

すぐ借りるならカードローンがベスト!その理由

お金が必要、そんな時にすぐ借りたい…といってもそんなにすぐ、しかも簡単にお金を借りるなんて出来ないですよね。

でもカードローンならそれが可能なんです。「ホントに?」と思わず疑惑の目を向けてしまう方もいるかと思いますので、なぜ「すぐ借りるならカードローンがベスト」と言えるのか、その理由を説明していきたいと思います。

友人や親など、親しい人に迷惑をかけなくて済む

お金を借りるとなったら、まず浮かぶのが両親や親しい友人などの顔ではないでしょうか。

確かに両親であれば子供のピンチであれば無条件で助けてくれるといってもいいでしょうし、親しい友人であればピンチの時の助けになってくれる可能性は非常に高いでしょう。

ただ、「ちょっと今月お金を使いすぎちゃったから貸して」…なんていうライトな理由でお金を借りようと思うのはちょっと恥ずかしいですし、「何言ってるんだ」と言われても仕方ない部分もありますよね。

そもそも親や友人などにお金の面で迷惑をかけたくない、と強く思う人も多いでしょう。最初はよくてもトラブルになってしまう可能性もありますから、最悪これまでの関係が崩れてしまう可能性もあります。

カードローンはお金を借りるにしてもその会社(消費者金融や銀行など)からなので、お金を借りることで誰かに迷惑をかけてしまうことはありません。

【関連記事】

友人からお金を借りる!?後悔しないためのお金の借り方とは?

誰にも気づかれずにコッソリお金を借りることが出来る

カードローンの利用を迷っている方の中には「バレるのが怖い」と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに利用していることがわかれば「この人カードローンを使ってるんだな」と思われることからは逃れられないでしょう。

しかし、そう簡単にカードローン利用がバレることはありません。

例えばお金を引き出す際には、大手の消費者金融や銀行、地方銀行や信用金庫のカードローンであればコンビニATMと提携していることが多いです。わざわざ店舗まで行かなくても簡単にコンビニでお金を借りることが出来るんですね。

正直コンビニのATMにいても預金を引き出しているのかお金を借りているのかなんてわかりません。「ちょっとコンビニでお金出してくる」と言えばほぼ100%「預金を引き出してくるんだな」と思うでしょう。

また、銀行のカードローンであればキャッシュカード一体型といって、普段利用しているキャッシュカードにカードローン機能がつくものもあります。

基本的にはカードローンは「ローンカード」といってカードローンでしか利用できないカードを発行することが多いのですが、キャッシュカード一体型であれば万が一カードを見られることがあってもキャッシュカードなので疑う余地もありません。

ローンカードもクレジットカードやポイントカードのようなシンプルなデザインが多く、ぱっと見でカードローンのものだとわかりにくくなっていますので、「利用していることがバレる」ケースは少ないでしょう。

自分の好きなタイミング・都合に合わせてお金を借りることが出来る

もし誰かからお金を借りることになったら、いつ借りることが出来るのかと都合をあわせなければなりません。

ある程度期間に余裕があればそれは問題ないことでしょうが、「今お金が必要なんだ!」というタイミングでは都合をすりあわせて借りる…なんてまどろっこしいことはしてられない!ということも十分に考えられます。

しかも急にその日都合が悪くなったなんてことがあれば…お金を借りることさえ出来ないかもしれません。

その点カードローンであれば、契約さえしてしまえば自分の任意のタイミングでお金を借りることが可能です。

コンビニにいくなり、振込融資をお願いするなりすれば誰の都合も関係なく、自分の都合だけで自分の好きな金額を借りることが出来ます。

会社によっては振込融資を受け付けているのは14時くらいまでとなります。また、自分の好きな金額を借りることが出来るのはあくまで契約した際の「利用限度額」の範囲内となりますので、無限に借りられるわけではありません。

なんだかんだでお金の問題はシビアです。いくら親しい人からお金を借りたとしてもきちんと返済の見込みを伝えるなどをしないと信頼関係は壊れてしまいますし、自身も貸してくれた人に対して引け目を感じてしまうかもしれません。

出来ればしがらみなく、人に迷惑をかけることもなく、かつ自分の好きなタイミングでお金を借りられれば…と思いますよね。

それが出来るベストな選択がカードローンと言えるのではないでしょうか。

すぐ借りれるカードローンはある!それが「即日融資」

いくらカードローンでお金を借りられるといっても、自分が借りたいタイミングで利用できなければそれは意味がありません。

特に今日明日のタイミングでお金が必要!となると、カードローンで対応するよりもとりあえず友人に貸してもらう選択をしたほうが賢いと考える方もいると思います。

その点もご安心ください。なんと、カードローン会社の一部は「即日融資」というサービスを行っています。

その意味は文字そのまま。即日の融資…そう、なんと申し込んだその日のうちにお金を借りることが出来るサービスに対応しているんです!

「即日融資」って何?どういう仕組みなの?

「即日融資」という文字を見ても大体やることはわかるかと思いますが、簡単にその仕組みや意味を説明しましょう。

即日融資とはその名の通り、大手の消費者金融や銀行などで行われているサービスの一環で、カードローンの申し込みをしたその日のうちに契約、お金の借り入れまで出来る方法です。

カードローンや住宅ローンなど、お金を借りる際は

申し込み → 審査 → (可決した場合)契約 → 実際の利用

というステップを踏むことになりますが、この申し込みから実際の利用までのステップをその日のうちに行うのが「即日融資」の特徴です。感覚的に言えば「朝に申し込んだら昼には利用できるようになっていた」という感じでしょうか。

すぐに利用できる!?即日融資のメリットとは

申し込みから利用までのスピードが早いため、お金を借りたいと思い立った時にすぐ利用できるのが最大のメリットと言ってもいいでしょう。

「でもそんなに早いなら条件が厳しいのでは?」「その分金利が高く設定されているのでは?」などの疑問が浮かぶかもしれません。

確かにリターンがあるのなら、その分リスクがあるのでは?と考えてしまうのが人間の悲しい性ですよね。

しかし即日融資に対応している会社の場合、「即日融資だから特別金利が高い」とか「即日融資を受けるためには厳しい条件を満たさないとならない」ということはありません。

金利も条件も変わらず、即日融資という恩恵だけを受けることが出来るようになっているんです。

対応しているところが少ない…こともない!多くが即日融資に対応

即日融資という便利なサービス。しかし対応している会社が少なければあまり意味はありませんよね。

もちろん対応してくれるだけでもありがたいですが、選択肢が多い方がありがたいというものです。

この点もご安心ください。大手であれば、以下のとおり即日融資に対応している会社ってとっても多いんです。ちなみにこれは一部なので、探せば即日融資OKなところはもっとあると言っていいでしょう。

消費者金融 銀行系
アイフル・アコム・SMBCモビットプロミス・ノーローンなど 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・レイク・ みずほ銀行(※)・イオン銀行(※)など

※…既に該当銀行の預金口座を持っている場合

銀行系のカードローンは一部条件が必要なところもあるものの、見知った名前が多いのではないでしょうか。

いくら即日融資が可能でも、よくわからない会社だとちょっと不安がありますよね。

その点、これら大手でも即日融資に対応している会社は非常に多いので自分に合った会社を選びつつ即日融資サービスを受けることも可能というわけです。

…しかしながら、即日融資にもメリットばかりあるわけではないんです。利用する前に是非知っておきたい「デメリット」についても説明していきましょう。

24時間即日融資を受けることが出来るわけではないので注意して

まず、即日融資は「24時間その恩恵を受けられるわけではない」ことに注意してください。

先ほど即日融資の仕組みとして4つのステップをご紹介しました。そのうち申込者が関わるのは「申し込み」と「契約」「実際の利用」の3つです。

ここでポイントとなるのは「申し込み」です。申し込みのタイミングや時間によっては即日融資の恩恵を受けることが出来ないケースがあるんです。

一つ目のケースは「営業時間外」であること。

会社によって対応時間は違いますが、大体朝9時~夜20時くらいが審査対象時間となります。つまりそれ以外の時間、特に23時や24時に申し込んだとしても審査が行われるのは翌日の朝9時以降というわけですね。

また、営業時間内だからといって終業時間ギリギリに申し込んでも対応してくれないケースも多いです。

即日融資を受けたいのであれば営業時間内、しかも出来るだけ早いうちに申し込んだほうがいいと言えますね。

二つ目のケースは「即日融資の時間対象外」であること。

即日融資は申し込み時間もそうですが3つ目のステップ「契約」のタイミングも非常に重要です。

即日融資を受ける方法として

  • 振込融資をしてもらう
  • カードを発行しそれを利用する
の2種類があるのですが、前者の場合銀行振込で融資を受ける必要があるため「銀行の営業時間内」に契約を済ませ、振込の手続きを完了させないと利用することが出来ないんです。

具体例を出しますと、「レイク」で即日融資を利用したい場合は「平日14時45分まで」となっています。それ以降や祝日・休日の場合は翌営業日以降にしか振り込まれません。

カードを発行する場合はコンビニなどで24時間の借り入れが可能になりますが、店舗または自動契約機でカードを発行する必要があります。「お金を借りたいけど契約コーナーや店舗に行くヒマがない」という方は使いにくい方法ですね。

即日融資に特別な条件は必要ないものの、実際の利用に持っていくにはちょっとハードルがあることは覚えておいてくださいね。

他にもある!即日融資の注意点&デメリット

他にも即日融資における注意点やデメリットと言える部分があります。

まずは審査がその日のうちに終わらない可能性があることです。

先ほどのステップの2番目「審査」は、カードローン会社が行うものです。即日融資が可能な会社の場合、基本的には最短30分~40分と非常に審査時間が短いのですが

  • 申込者が非常に多い(繁忙期など)
  • 書類など申し込みに不備がある
  • その他審査に時間がかかる要因がある
といった場合、30分~40分で審査が終わらない可能性も十分にあります。あくまで「最短」なのでそれ以上かかることもあるというわけです。

また、確実に即日融資を受けたいのであれば必要な書類が増えることもあります。

消費者金融「SMBCモビット」の即日融資「WEB完結」を利用する場合は給与明細書が必ず必要になるなど、収入証明書類が不要なケース、あるいは収入証明書類であればどれでもOKなケースでも特定の書類が必要になることもあるんです。

ちょっと特殊なケースではあるのですが、選んだ会社によっては必要な書類が増える(または限定される)こともある、と知っておくといいでしょう。

即日融資を受けたいと思うなら知っておくべきポイント(注意点)をまとめますと

  • 審査がすぐに終わらない可能性を考慮する
  • 振込融資を受けるなら契約は出来るだけ13時台に終わらせる
  • 時間外(終業後)の申し込みは翌営業日になるので注意
といったところでしょうか。

クレカを使うのも手。ただカードローンに比べるとデメリットが目立つ

カードローンは怖い、借りるのは面倒、そもそも即日融資が出来ないなら意味が無い…などなど、「確かに即日融資が出来ることはわかったけど、もうちょっとなんか手軽な方法はないの?」と考えている方も中にはいらっしゃることでしょう。

もちろん一番手っ取り早い方法と言うのであれば「親か知人に借りろ」で終わってしまいますが、そちらはそちらで問題があります。

どっちもな~…と迷っているちょっとワガママな方でもその日のうちにお金を借りる手段はないわけではありません。それは、「クレジットカード」を利用する方法です。

クレジットカードの「キャッシング枠」を使うことで現金借り入れが可能

余りご存知ない方もいるかもしれませんが、クレジットカードには実は2種類の「枠」が設定されています。

それは「ショッピング枠」と「キャッシング枠」です。この2つにはどのような違いがあるのか、下に表にしてまとめました。

ショッピング枠 キャッシング枠
かならず付与される 付与されない場合もある
使いみち サービスや商品の対価として 利用する(一時的な代理払い) 現金を直接引き出して使用する
返済方法 一括・2回・分割・リボ 基本リボ払い(一括可の場合もあり)

いわゆる「クレジットカード」としての基本的な機能を担っているのが「ショッピング枠」であり、「キャッシング枠」はあくまでオマケ、付随するものと思っていただければいいでしょう。

なので必ずクレジットカードにキャッシング枠がついているわけではないんです。

自分の利用しているクレジットカードにキャッシング枠がついているかどうか知りたい場合は利用明細をチェックするか、カードの会員サイトで確認が可能です。

キャッシング枠がついているなら利用OK。ついてないなら審査が必要!

既に持っているクレジットカードに「キャッシング枠」が設定されているのであればそのカードを利用すればすぐにキャッシングをすることが出来ます。

キャッシングは駅のCD(キャッシュディスペンサー)や銀行などのATMが利用できます。詳しくはそのカードの発行会社のホームページなどを見るといいでしょう。

持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていない場合は以下の点に注意が必要です。

  • そのカードはキャッシング枠を設定出来るか?
  • 設定出来る場合、いくらまで利用が可能か?

そもそもクレジットカードにはキャッシング枠が設定できないもの、つまりショッピング枠しか設定がないカードもあります。特に企業と提携しているカードの場合はショッピング枠のみ、という傾向が多いので注意が必要です。

設定出来るけど現在ショッピング枠が0円の場合はいくらまでキャッシング枠を利用できるか調べる必要があるでしょう。

大抵年収に比例しますが、基本的には10万円~30万円くらいになるでしょうか。キャッシング枠がショッピング枠と別に設定出来るカードもあれば、ショッピング枠とキャッシング枠まとめて1枠とするカードもあります。

ショッピング枠20万円、キャッシング枠10万円のカードの場合、ショッピング枠の20万円を使いきってもキャッシング枠の10万円はキャッシングとして利用できます。

しかしショッピング枠とキャッシング枠合わせて30万円のカードの場合、ショッピングで30万円使ってしまうとキャッシングをすることは出来ません。

また、キャッシング枠がついてないカードにキャッシング枠を設定する場合、改めて審査が必要になりますのですぐお金を借りられるかどうか…という点では怪しくなります。

あくまで「既にキャッシング枠を備えたクレジットカードがあるなら」という選択肢になるでしょう。

金利もそんなに低くない。家族バレの可能性もアリ!?

気になるのはキャッシング枠の金利です。こちらはカードの種類(ノーマル・ゴールドなどで違います)やカード会社によって設定が変わってくるので一概には言えないところなのですが、決して低いとは言えません。

具体的には年率18%程度で、高めですと20%近くの設定のカードもあります。大手の消費者金融が18%くらいですから、それと同じかそれよりも高い可能性があるんです。

銀行のカードローンは15%くらいで利用することが出来ますので、即日でより金利が低いものがいいなら、即日融資に対応している銀行カードローンを利用するのが一番と言えるでしょう。

また、大手の消費者金融なら無利息期間が設定されている会社が多いため、金利面ではキャッシング枠は不利といってもいいかもしれません。

加えてキャッシング枠を利用した際、しっかりと利用明細が自宅に届きます。郵便物をそうそう家族に見られることはないかもしれませんが、結婚していて奥様が明細などを見て家計簿をつけている場合は…明細をチェックされるので危ないですよね。

カードローンも絶対にバレないというわけではありませんが、ATMでの借り入れであればその場で明細が出るため自宅に明細書が送られてくることはなく、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのに比べれば「家族バレ」の可能性はぐっと低いです。

金利面やこっそり借りられるという点でもカードローンの方に軍配が上がると言えそうですね。

今すぐ、だけどこっそり借りたいならカードローンはベストな選択

今すぐお金を借りたい。だけど周りに迷惑はかけたくないしあんまり人にお金を借りることを知られたくない。

そう考えているのであれば、カードローンを利用するのがベストな選択と言えるでしょう。

特にお金を急いで必要としているなら、即日融資に対応しているカードローンを選べばその日のうちにお金を借りることが出来ますので、急な出費にも対応が可能です。

もちろん審査がありますので誰でも思い通りの金額を借りられるわけではありませんが、それでも十分にあなたを助けてくれるはずです。

お金が必要だけど手がない…そんな時こそカードローンを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

最新記事

予定外の出費が続いてどうしても今月が乗り切れない!...

お金がないということで悩んでいる自営業の方に向けて...

未成年でも大学生ぐらいになったら友達との付き合いな...

12345...10...
閉じる